Moodle関連

eラーニング教材の作成

科目の統一管理 ~ コースメタリンク

「同じ内容の複数の科目のコンテンツを統一したい」「科目IDが違っているが、実際には同じ科目なので一度に管理したい」という場合があります。

このような場合、コースメタリンクを作成すると、複数のコースを統一して管理する事が出来ます。元となるメタ(親)コースへ、子コースからリンクを張るイメージです。講師は一つのメタコースを管理するだけでよく、学生は、熊大ポータルの時間割タブのリンクから、直接メタ(親)コースに行けるようになります。

コースメタリンクイメージ図

コースメタリンクは管理者権限でしか設定できませんので、以下の方法でお申し込みください。

コースメタリンクの申し込み

moodlemail_07に以下の様式でメールしてください。

例えば

統合名(メタコース):某学部(14前) - 調査実習I(2014)
調査実習I(2014-95-83200)
調査実習I(2014-95-43500)
リサーチ実習IV(調査実習)(2014-86-72770)

または、

統合名:なし
調査実習I(2014-95-83200) :
これをメタ(親)コースにして、以下をメタリンクで統合してください
調査実習I(2014-95-43500)
リサーチ実習IV(調査実習)(2014-86-72770)

で申し込まれると、それぞれ

統合名:某学部(14前) - 調査実習I(2014)
統合名:某学部(14前) - 調査実習I(2014-95-83200)

をメタコースとしたコースメタリンクを作成いたします。手作業で行ないますので、多少お時間をいただく場合もあります。あらかじめご了承ください。
作業が完了しましたら、メールでお知らせします。


WebCTとの違い

Moodle以前のLMSであるWebCTでは、Moodleのコースメタリンクと同じような機能としてクロスリストがありました。
WebCTクロスリストでは、コースを統合すると、統合前に作成していたコンテンツはなくなってしまうため、コンテンツ作成前にコース統合する必要がありましたが、Moodleのコースメタリンクでは、コース統合時にはそれぞれのコースの既存のコンテンツは保持されます。
統合後、メタ(親)コースのコンテンツが更新された際には、メタ(親)コースのコンテンツのみが更新されます。

WebCTのクロスリストについて、くわしくはこちらをご参照ください。

コースへの教員の追加

Moodle上のコースには基本的にSOSEKI上の科目に登録されている教員/学生のみが登録されています。
SOSEKIに登録されていない教員がMoodle上のコースを閲覧する為には、別途登録作業が必要となります。

登録依頼

依頼はメールで受け付けております。
以下の必要事項を明記して推進機構宛(moodlemail_07)にお送りください。
  • 科目名
  • 科目コード
  • 教員の氏名
  • 職員番号