eラーニング連続セミナー

セミナー
  • poster_009

    第9回 熊本大学 eラーニング連続セミナー(2006年8月9日)

    シリアスゲーム:デジタルゲーム技術を利用した教育課題への取り組み

    poster_009

    日時:

    • 2006年8月9日(水)17:00~19:00

    会場:

    • 総合情報基盤センター 3階 実習室 I (地図No.3)

    講師:

    藤本 徹 氏

    ペンシルバニア州立大学

    インストラクショナルシステムズプログラム博士課程

    シリアスゲームジャパン」コーディネーター

    ニンテンドーDSの「大人のトレーニング」の大ヒットに見られるように「ゲームで学ぶ」ことが注目を浴びています。
    そこで、第9回eラーニング連続セミナーではアメリカで教育用ゲームやインストラクショナル・デザインの研究をされている藤本徹氏をお招きし、ゲーム、教育や学習そしてeラーニングの関係についてご講演いただきました。

    教育用ゲームの開発や研究は、以前から取り組まれてきたテーマであるが、ここ数年で急速に、欧米の教育工学者、教授システム学者たちの間で注目度の 高いテーマとなってきている。その中心概念となっているのは「シリアスゲーム」という考え方であり、従来のエデュテインメントやゲーミング研究の取り組み を超えた形で、研究・実践が展開されている。その学習環境の捉え方や問題へのアプローチの仕方、開発プロジェクトの組み方は、インストラクショナルデザイ ナー、eラーニング講座開発者への示唆となる要素が多い。本講演では、シリアスゲームの概念的な解説と、開発事例の紹介を行ないながら、教授システム学の 視点から、シリアスゲームプロジェクトの取り組みを考察し、eラーニング講座デザインのヒントにするための議論を行なう。

    藤本氏のインタビュー  (オンラインゲーム総合サイト Slash Games

    講演動画:

    藤本 徹 氏

    講演(学内専用、104分)

    質疑応答(学内専用、29分)

    終了しました。ご来場ありがとうございました。