eラーニング連続セミナー

セミナー
  • poster_023

    第23回 熊本大学 eラーニング連続セミナー(2014年6月18日)

    eラーニングの道標

    - インストラクショナル・テクノロジーと教育改善 -

    poster_023

    国内外の著名なeラーニングの専門家をお招きして行っております熊本大学eラーニング連続セミナーも第23回を数えるに至りました。今回は、本学 大学教育機能開発総合研究センターが実施しております「21世紀型大学教育セミナー」と共同で開催いたします。

     

    2つのセミナーの共同開催にあたり、eラーニング/ICTを活用した教育実践分野(eラーニング連続セミナー)と教授方略/高等教育分野(21世紀型大学教育セミナー)の双方をつなぐ分野である教授システム学(Instructional Systems Technologies)における著名な研究者であるフロリダ州立大学 Robert A. Reiser 教授をお迎えすることになりました。

    リーサー先生は、フロリダ州立大学 教授システム学専攻 教授であり、授業設計、教授システム学 (Instructional Systems Design)の専門家であり、学生教育、組織的な教育改善においても大変アクティブに活動されている先生です。

    これまで、教授システム学分野において多くの著書を執筆され、その最新書籍、Trends in the field of Instructional Design and Technologyは、邦訳版も出版され(邦訳書籍名:インストラクショナルデザインとテクノロジー:教える技術の動向と課題)、国内外で活躍する教授システム学分野の学生、研究者へ有用な知見を与えています。

     

    本セミナーでは、Effective College Teaching Practicesと題したご講演をお願いしています。

    本講演において得られる知見や情報は、今後のeラーニングを活用した教育実践の場、大学教育、授業改善の場で、必ず有益なものになると考えます。

    多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。

    (注)本セミナーでの使用言語は英語です。質疑等では必要に応じて日本語からの通訳をいたします。

    日時:

    • 2014年6月18日(水)17:00~19:00

    会場:

    • くすの木会館 レセプションルーム (地図No.14)

    講師:

    Robert A. Reiser 氏

    フロリダ州立大学 教授

    Effective College Teaching Practices

    プログラム:

    17:00-17:10開会の挨拶
    熊本大学長 谷口 功
    17:10-17:15講演者紹介
    (社会文化科学研究科 教授システム学専攻長 鈴木 克明)
    17:15-18:15Effective College Teaching Practices
    Robert A. Reiser 氏
    18:15-18:55質疑応答

    講演動画:

    学長挨拶

    講演(学内専用、2分)

    Effective College Teaching Practices

    Robert A. Reiser 氏

    講演(学内専用、58分)

    終了しました。ご来場ありがとうございました。