eラーニング連続セミナー

セミナー
  • poster_020

    第20回 熊本大学 eラーニング連続セミナー(2012年3月19日)

    「マレーシアの遠隔教育」Distance Education in Malaysia

    poster_020

    国内外の著名なeラーニングの専門家をお招きして行っております、熊本大学eラーニング連続セミナーの第20回を開催いたします。

    今回は、マレーシア公開大学(OUM)より、Zoraini Wati Abas先生とAbtar Kaur先生をお招きし、本セミナーを開催する運びとなりました。

    本講演会において得られる知見や情報は、今後のeラーニングを活用した教育実践の場で、必ず有益なものになると考えます。
    多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。

    (注)本セミナーでの使用言語は英語です。質疑等では必要に応じて日本語からの通訳をいたします。

    日時:

    • 2012年3月19日(月)17:00~19:00

    会場:

    • 熊本大学 全学教育棟 1F 多目的会議室 (地図No.18)

    講師:

    Zoraini Wati Abas 氏

    Zoraini Wati Abas先生はマレーシア公開大学(OUM)の言語・教育学部教授であり、the Centre for Instructional Designand TechnologyとInstitute of Quality, Research and Innovationの元ディレクターである。e-Learningとm-Learningそしてu-Learningを研究対象としている。いくつかの webベースの学習教材と電子商取引環境の運営、モバイルラーニングのレディネスをデザインし実施した。OUMにおいてSMSを通じ約20,000人の学 生のモバイル学習を推進した。
    現在は、公開および遠隔学習による教育学の博士と大学院修了プログラムをまとめている。

    21世紀の学習と教育

    今日の学習者と教授者は、オンラインツールや幾多のデジタル機器経由して、いつでも、どこからでも連絡を取りあえるようになった。技術や手法は、もはや我々が挑戦する主目標ではなく、21世紀の学習にとり適切な幾多の手法と学習ツールを考える一方で、望まれる学習をどのようにして生み出すかがもっと大きな課題になっている。もし、21世紀における授業デザインを行う際に指標となるモデルや枠組みがあるとすればそれはいったい何であろうか?

    本講演では、学習理論と学習技術と関連した要素を結び合わせるモデルや枠組みを紹介する。

    Abtar Kaur 氏

    Abtar Kaur先生はマレーシア公開大学(OUM)言語・教育学部教授で、また2つのプログラムコーディネーターである。様々なレベルで30年の教育の経験がある。2001年からオープンユニバシティでthe Centre for Instructional Design & Technologyとthe Open Distance Learning Pedagogy Centreという2つの重要な教育・学習サポートセンターを設置したパイオニアだった。教育課題とテクノロジーが研究の中心である。Syracuse University(シラキュース大学)のIDD&E(Instructional Design,Development and Evaluation)のMSc、University Malaya(マラヤ大学)でE-LearningのPhD.をもつ。過去7年間で教育学とテクノロジーに関わる6つの国際的表彰を受けている。

    マレーシア公開大学(OUM)におけるオンライン学習プログラムの実践例:挑戦と成功

    マレーシア公開大学(OUM)は2001年に753人の入学者とともに開校し、11年目にあたる現在までに、約110,000人の学生を排出してきており、プログラムの数も60を超えている。99%のコースがブレンディッド形式で提供されており、唯一、インストラクショナル・デザイン テクノロジー(MIDT)の修士プログラムのみが完全オンライン形式を採用している。MIDTは2009年に発足し、現在までの学生数は53名であり、11名の修了者を排出している。本専攻の修了単位数は、2年間で40単位を必要とし、学生、教授陣の双方が世界中の様々な場所から集まっている。オンライン・プログラムの実践に際して、喜びや成功と同様に多くの課題にも直面した。

    本講演では、プログラム概要、導入においての問題や課題と合わせて、成功談についても述べる。その他にも、自分が取り組んでいる研究を紹介し、そこで創出されたプログラム計画やオンライン討論についてのモデルについても共有したいと考えている。

    プログラム:

    17:00開会の挨拶
    熊本大学 教授システム学専攻長 鈴木 克明
    17:05-17:5021世紀の学習と教育
    Zoraini Wati Abas 氏
    17:50-18:00質疑応答
    18:00-18:05休憩
    18:05-18:50マレーシア公開大学(OUM)におけるオンライン学習プログラムの実践例:挑戦と成功
    Abtar Kaur 氏
    18:50-19:00質疑応答
    19:00閉会の挨拶

    講演動画:

    21世紀の学習と教育拶

    Zoraini Wati Abas 氏

    講演(学内専用、26分)

    質疑応答(学内専用、11分)

    マレーシア公開大学(OUM)におけるオンライン学習プログラムの実践例:挑戦と成功

    Abtar Kaur 氏

    講演(学内専用、32分)

    質疑応答(学内専用、10分)

    終了しました。ご来場ありがとうございました。