eラーニング連続セミナー

セミナー
  • poster_019

    第19回 熊本大学 eラーニング連続セミナー(2011年1月19日)

    eラーニングとオープンテクノロジー

    poster_019

    Web2.0やクラウド等といったネットワークコンピューティングの技術革新により、Webアプリケーションの高度化・分散化・協調化が急激に進み、その結果、Webブラウザ上で、様々なサイトの様々なアプリがシームレスに連携して利用可能になってきました。その実現のキーとなるものとして、オープンスタンダードやオープンソースといったオープンテクノロジーの活用があります。これらの活用はeラーニングシステムにおいても重要であり、今回の連続セミナーでは「eラーニングとオープンテクノロジー」というテーマを選びました。

    今回は、このテーマにふさわしく、eラーニングのオープンスタンダード(標準化)に長年深く関わってこられたSCORM第一人者の仲林先生と、eラーニングツールのオープンスタンダードによる連携システム構築に取り組まれているCaeiro Rodriguez先生をお招きすることができました。

    本講演会において得られる知見や情報は、eラーニングにおけるオープンテクノロジーのトレンドを与えるだけではなく、eラーニング環境の今後の方向性を示唆するものとなると考えます。

    (注) 本セミナーでの使用言語は日本語及び英語です。

    日時:

    • 2011年1月19日(水)17:00~19:00

    会場:

    • 熊本大学全学教育棟 1F 多目的会議室 (地図No.18)

    講師:

    仲林 清 氏

    千葉工業大学 教授(日本eラーニングコンソシアム副会長、熊本大学客員教授)

    オープンエデュケーションの光と影

    教育の分野におけるオープン化、いわゆる、オープンエデュケーションの流れが活発になりつつある。本講演では、このようなオープンエデュケーションの「共創」と「競争」の側面について、ICT分野におけるオープン化と対比しながら論ずる。
    「共創」の側面については、オープン化活動を継続・発展させる上で不可欠と考えられるコミュニティの役割について、オープンソースソフトウェアコミュニティの事例をもとに議論する。
    「競争」の側面については、オープンエデュケーションによって学習者個々の学習機会ならびに教育機関の組織形態や競争優位性にどのようなインパクトを与える可能性があるかを考察する。

    Manuel Caeiro Rodriguez 氏

    スペインVigo大学准教授(熊本大学客員研究員、日本学術振興会外国人特別研究員)

    Integration of tools from third-party providers into e-learning systems: proposals and standardization

    (異種ツールのeラーニングシステムへの統合:提言と標準化)

    During the last years e-learning systems have been adopted to support education broadly. Usually, these systems provide a common set of functionalities on their own. Nevertheless, the emergence of new technologies, such as Web Services, mashups, widgets, together with the need for more specific functionalities, are promoting a more distributed architecture that enables the provision of "tools" from third-party sources. This is an incipient trend in the e-learning field that is capturing the attention of many researchers and that opens new opportunities both for users and developers. This talk will introduce this topic and several existing initiatives, particularly the IMS Basic LTI specification that is being promoted by the IMS GLC standardization consortium.

    プログラム:

    17:00開会の挨拶、講師紹介
    17:10オープンエデュケーションの光と影
    仲林 清 氏
    18:00質疑応答
    18:10Integration of tools from third-party providers into e-learning systems:
    proposals and standardization

    (異種ツールのeラーニングシステムへの統合:提言と標準化)

    Manuel Caeiro Rodriguez 氏
    18:50質疑応答
    19:00閉会

    講演動画:

    開会の挨拶

    田口 宏昭(熊本大学 副学長)

    開会の挨拶(学内専用、7分)

    オープンエデュケーションの光と影

    仲林 清 氏

    講演(学内専用、64分)

    Integration of tools from third-party providers into e-learning systems: proposals and standardization

    Manuel Caeiro Rodriguez 氏

    講演(学内専用、49分)

    終了しました。ご来場ありがとうございました。